採用トップへ

先輩たちを知る!小柴 健太郎

プロフィール

卒業学部
法学部
趣味
写真(一眼レフカメラ4台所有)、キャンプ、旅行、スキー、バイク、車、読書
休日の過ごし方
天気が良い日はカメラを持って西へ東へはたまた北や南へあちこち歩き回ってます。
現在までのキャリア
ディーラーで営業(5年半) ⇒ 日本機材へ転職:営業(3年半) ⇒ 部署異動:業務部中部物流センター(7年) ⇒部署異動:業務部西日本ロジスティクスセンター(4年目)

現在の仕事内容は?

異動前の部署と比較して現部署は役割分担が概ねハッキリとしています。
営業所毎に担当者がつき、日々担当する営業所の出荷処理や営業所からの問合せ等への対応をしています。
その他には日々入荷する商品のデータ処理やシステム関係の対応等多岐に渡ります。
また協力会社の在庫管理や出荷依頼等も行っています。
所属部署は日本機材全体の約7割の物量を取り扱っており、現在の担当しているのは社内でも有数の大口顧客です。

仕事のどこに魅力を感じていますか?

商社の花形となるとやはり営業だと思います。ですが営業の土台となるものを支えているのは我々を含む裏方です(土台がしっかりしていないと営業は活躍できません)。
前職も含めて営業畑を歩いてきましたが裏方に入って初めて分かる事もありました。
良い面も良くない面も併せて物事を【知る】というのは楽しいです。
営業の時は自分の売上目標達成に突き進んでいましたが、現部署では担当営業所のサポートや担当地区だけでなく会社全体の状況を見ることが可能なので視野が広がりました。

会社の魅力として・・・趣味で撮った写真を会社の年賀状や社内報の表紙等に何度か採用されています。社員にこういった機会を設けてくれる会社は意外と少ないのではないでしょうか。

仕事で一番苦労したことは何ですか?

現部署において長年課題の一つであったとある顧客向けの伝票発行を自動化可能としたことです。
部署内だけではなく担当営業所と本社の部署、また顧客にも協力してもらい打合せを重ねてシステム改修にこぎつけれました。
ちなみに提案からシステム改修完了まで一年程要しました。

ズバリ!日本機材の魅力とは?

日本機材のお客様の業種は非常に多岐に渡る為、日本の様々な産業を支える一員である、と言っても過言ではありません。
またそれ故に、どのようにモノづくりがされていくのか、という根本を見て携わることができます。

先輩からの就職活動アドバイス!

自分がその会社に入ってどんなことをやりたいのかが、重要です。
また自分で考えて仕事に取組めるような力が必要です。
その為に、色々な事に気が付く力、は必ず自分を助けてくれます。
夢中になれる趣味があると休みの日に気分転換もできて良いと思います。

1日のスケジュール
7:00 ◆出社
8:00 担当顧客の注文データ受信、当日の出荷処理(伝票出力)、メールの確認
出荷処理件数は1日平均1,500件前後(今のところ最大で2,000件超)
  朝の入荷確認とデータ処理
輸出案件の梱包明細作成
協力倉庫へ出荷依頼
委託先との定例打合せ(毎週水曜)
並行して営業所からの問合せ及び依頼事項への対応、また仕入先への問合せ等
12:00 ◆昼食
午前中の入荷確認とデータ処理
13:00 郵送等で届いた納品書等の書類の確認
追加の一括出荷処理(午後からは2回実施)
午後からの入荷確認とデータ処理(15時までに4回実施)
並行して営業所からの問合せ及び依頼事項への対応、また仕入先への問合せ等
協力倉庫へ出荷依頼(2回目)
協力倉庫へ翌日以降の注文残連絡
協力倉庫へ入荷した商品の確認及びデータ処理
当日入荷分の最終確定処理
18:00 ◆退社
先輩社員一覧